オリス(ORIS)腕時計オーバーホール業者・2018年最新ランキング

オリスの腕時計をオーバーホールで長持ちさせよう!

時計のオーバーホールは、車と同じでオイル交換のような定期メンテナンスが必要になります。機械式時計の部品と部品の間の油が劣化し、酸化してしまうため3、4年程度で油が切れてしまいます。これを怠ることで時計の寿命が短くなってしまうのです。
オリスのような機械式時計はオーバーホールをすることが重要になり、時計の精密度を上げ、部品同士の摩擦を防ぐ事で、いい状態を維持することにより購入当時のようなきれいな状態を保てるのです。
オリスは機械式時計入門として一般的に評価をされているブランド時計です。初めての1本となる時計として大事にしたいと思われる方が多くいます。そんな方のためにオーバーホールをしてくれる専門の業者を比較、紹介していますので参考までにご覧ください。

総合評価
★★★★★

1位は大阪・東京でサービスを提供するCIEN(シエン)です。CIENは、ブランド腕時計のオーバーホール専門業者として、数多くのオリスのオーバーホール修理も手掛けてきました。
オリスは全パーツオリジナルの部品で構成されていますが、CIENは部品交換もメーカー同様の純正パーツを使用しており、オリス専任の技術者が専任でメンテナンスを手掛けているため、メーカー修理とほぼ変わらない、非常に安定感ある仕上がりです。詳しい詳細については、ぜひお気軽にお問い合わせてみる事をおすすめします。

総合評価
★★★★★

2位は、東京に店舗をもつウォッチ・ホスピタルです。拠点は東京に3店舗ありますが、オーバーホールの受付は日本全国から無料で集荷対応もしております。
豊富な口コミ数からも分かるように、オメガをはじめ各種ブランド腕時計のオーバーホール実績が豊富であり、時計修理後に1年間の保証が付いているため、安心して依頼が出来ます。熟練の技能士が最後まで責任をもって対応してくれるため、メーカーと遜色無い仕上がりを手掛けてくれます。

総合評価
★★★★

オリスの時計修理・オーバーホールオススメ業者、3位は大阪の大阪時計修理工房です。明確な料金体系、短納期、アフターサービス等の他に、修理内容が詳細に報告された内容確認明細書も大阪時計修理工房の強みです。
また、オーバーホールにおける部品修理に関しても、オリス純正のパーツを揃えているため、メーカー同等の仕上がりを、メーカーよりも安くサービスを提供する事が出来ます。

総合評価
★★★

4位は東京・大阪を中心に手広く展開しているブランド買取業者なんぼやです。全国53店舗の受付口を用意しており、ブランド買取・販売の他に、オーバーホール専門業者に匹敵するスキルで、オーバーホールが難しいと言われているオメガ腕時計の修理・オーバーホールも行っております。
1年間の保証がついており、メーカーよりも低価格で質の高いサービスを提供いたしております。買取してもらうかオーバーホールを依頼するか、どちらにしようか悩まれている方は、なんぼやがおススメです。

総合評価
★★★★

東京のウェブスモール修理工房は第5位にランクイン。知名度としては他のオーバーホール専門業者の中では劣る方ですが、50年以上ものキャリアを持つ熟練時計技師を中心に、ベテランの時計技師たちが、複雑なギミックであるオメガ腕時計の修理・オーバーホールを手掛けてくれます。
また、無料郵送による見積依頼・オーバーホールは日本全国から受け付けています。インターネット上から申し込むと、オーバーホール料金が2000円引きになる耳寄り情報もあります。

総合評価
★★★

6位は神戸のチクタク工房を選ばせてもらいました。チクタク工房も日本全国からオーバーホールを受け付けており、無料の宅配キットにより郵送で見積・依頼が出来ます。
オーバーホールと言ってもその範囲は非常に多岐にわたり、オメガはその複雑なギミックから修理会社も限られてきますが、チクタク工房ならプロの手によってワンストップで対応してもらえるため、様々な事例にも安心して対応してもらえます。お問い合わせ・見積の際にチクタク工房のホームページを見た旨を伝えれば8%オフの嬉しい特典付きです。

オリスの腕時計、オーバーホールについて

オリスについて

オリスはスイス北西部で運用しているスイスのブランド時計メーカーです。購入しやすい機械式の時計を作っており、複雑機構を搭載したモデル等、幅広く時計を作っています。 オリスは歴史あるメーカーで、創業が1904年。100年を超える歴史があり様々な名品を出しているのです。オリスは常に独創的な時計開発を行っており、自社製ムーブメントを開発、製造しているほんの一握りの中の一つの時計メーカーで、それだけの資金、開発、技術力があるメーカーです。
オリスではダイーバーズウォッチというのがあり、全てのダイバーズウオッチのモデルがダイビングやスイミングなどでも付けられる時計になっていたりと素晴らしい時計多くあり、電池を動力源とするクォーツ時計は製造しておらず、全て機械式の製造のみに力を入れています。その他にも様々な魅力があるブランドなのです。


オリスのおすすめ

オリスは機械式時計の中ではリーズナブルな価格設定をしている時計メーカーです。現在ではシリーズも充実しています。上記でも記載したダイビングにカルチャーやアヴィエイション、モータースポーツ、の4つがが主なシリーズでどれも人気です。 オリスのシンボルであるレッドローターはオリスでも誇る、いい価格帯のオリスの時計となっており、スイスブランドでもあるオリスの時計は、法律によって製造工程からの品質もトップクラスです。 時計の金額はピンからキリまであり、ロレックスのような100万円以上もする時計と比べると、オリスは20万程度で購入でき、どんな方にも手が出しやすい金額なので、自分へのプレゼントや贈り物に人気になっているのです。


最後に

オリスの時計はあまり悪いところがなく、おすすめできるところが多いので、いい時計がいいけどそこまでお金はかけられない。そんな方はオリスを一度検討してみてください。 そして、オリスの機械式時計は精密な作りになっているので、オーバーホールを怠ると不具合が出てきます。寿命を縮めず、いつまでも新品な状態を保ちたいなら、オーバーホールは欠かさず行いましょう。 オーバーホールにかかる費用は専門業者によって方法等が異なる為、事前に各専門業者のサイトを見て、しっかり内容を確かめ比較することをおすすめします。 時計は長年使うことによって愛着がわく方が多いので、より長く使うためにもメンテナンスを忘れないでください。

MENU

ページの上部へ戻る