ソーシャルレンディング比較.com

ソーシャルレンディングでベンチャー企業応援

日本における経済活動の低迷状況はバブル景気の崩壊から続いてきており、なかなか回復してくる気配も見受けられません。その間、多くの企業などが業績の悪化などに苦しんできており、それが業界の再編などに繋がってきています。

それに伴って多くの新興企業・ベンチャー企業なども登場してきており、経済界に新たな風を送り込んできており日本経済復活への期待感も強まってきています。期待が集まるベンチャー企業ですが多くの企業において共通している課題が、資金不足になります。それを解消できると期待されているのが、ソーシャルレンディングサービスになります。

インターネットサービスを通じて資金を提供したい投資家と、資金を集めたい企業などを結び付けるサービスがソーシャルレンディングです。確かにリスクはありますが、提供されているサービスも様々ありますので、自分が背負ってもいいリスクをしっかりと把握してから比較・検討することをお勧めします。リターンも十分に期待できるので人気の投資スタイルの一つになります。

総合評価
★★★★★

みんなのクレジットは、現在人気が増してきているソーシャルレンディングのファンドを豊富に紹介している業者です。ソーシャルレンディングとは、資金を募集している事業体に資金を提供し、そこから得られた収益を配分してもらう短期運用の手法です。

投資信託と似ていますが、投資信託よりも収益率が高い案件が多いことが魅力です。ただ、安全性に欠ける案件がある危険性もはらんでいます。その点、みんなのクレジットでは同社の厳正な基準をクリアした優良な案件しか公表していません。

そのため、比較的安心して資金を提供することができます。同社のサイトでは、案件ごとの内容がとても分かりやすく掲載されていて、案件ごとの特徴がつかみやすくなっており比較がしやすいです。

総合評価
★★★★★

クラウドクレジットは、これまで日本では提供されてこなかった、欧州やラテンアメリカをはじめとする海外の消費者ローンや事業者ローン、延滞しているローンに投資を行うという新たな機会を、日本の個人投資家の方々に提供します。

海外の消費者ローンや事業者ローンに投資を行うに際しては現地の市場を最も熟知しているのは現地の方々と考え、クラウドクレジットは投資先のそれぞれの国でこれらのローンの審査や回収の実績があるソーシャルレンディング業者やサービサーをパートナーとして、ローンに投資を行う機会をお客様に提供します。

クラウドクレジットはお金がもっとうまく回る余地がある国の個人や事業者の方に、日本の個人投資家の方の投資としての資金を届けます。資金需要者と資金提供者がWin-Winの関係を築くことをクラウドクレジットはサポートしています。

ソーシャルレンディングならクラウドクレジット

総合評価
★★★★

SBIソーシャルレンディングは、ソーシャルレンディングの会社です。ソーシャルレンディングとは、事業者と投資家をインターネットを活用して結びつけ、事業者には低金利でお金を貸し付け、投資家には高利回りでお金を運用することを提供するサービスです。投資家のためには、銀行などへの預金に比べて高い利回りが期待できるさまざまなファンドを取り扱っています。

SBIソーシャルレンディングは、SBIグループが100パーセント出資する信頼性の高い会社です。SBIグループは、傘下にSBI証券、住信SBIネット銀行、SBI損害保険などを傘下に持つ大手金融持株会社です。

SBIソーシャルレンディングは、資産運用と社会貢献の両立を掲げています。事業者と投資家をインターネットを活用して結びつけ、低コストで経営を行っているため、低金利での貸出と高利回りの利益を通して社会に貢献しています。

総合評価
★★★

あるソーシャルレンディング比較サイトでは、マネオをはじめとする主な三社のサービスが掲載されておりたいへん役に立ちます。ファンドの概要や予定利回り、運用期間や運用出資額などをチェックすることができます。

また、マネオの運用実績に関する情報も確認することができ、棒グラフが掲載されています。その棒グラフによるとマネオの融資額は年々確実に増加しており、日本で最も大きなソーシャルレンディング事業者に成長しました。

このサイトではまた、世界におけるソーシャルレンディングの状況も掲載されており参考になります。アメリカやイギリスなどの各国における融資残高や事業者に関しても確認することができます。

総合評価
★★★★

不動産投資における利回りや運用期間はバラバラになっており、どのように投資を行うか不安に感じている人も少なくありません。その中でオーナーズブックではソーシャルレンディングを活用することによって、利回りなどを把握しながら物件を判断することができます。

ソーシャルレンディングを利用する時には、手数料も気になる人が多いです。いくら利益が出ても、手数料などが多くなってしまうと損をした気持ちも出てきてしまいます。その中でオーナーズブックでは、利息などを最大限そのまま入金できるように対応しています。

初めて不動産投資を行おうとする人は、やり方や利益の出る物件の探し方が分からないこともあります。そこでオーナーズブックでは不動産投資における専門家をスタッフとして雇っているので、安心して相談しながらベストな物件を決めることができます。

総合評価
★★★

日本クラウド証券が運営するクラウドバンクは、一般個人、少額からでも、多くの人が集い資金を集約することにより、これまで小口投資では不可能だった着実に資産を運用出来る、好利回りの投資案件への参加を可能にしてます。これまでのように銀行口座へ預金を眠らせておくことと違って、年利5%以上を目指した資産運用を実施し、投資が初めての方から大口投資家まで全ての人に最適な新しい時代の資産運用サービスとなってます。

クラウドバンクは、一般個人の方でも多くの人が資金を預け、資産を運用することにより好利回り案件への投資を可能にした、新しい時代の資金運用サービスとなってます。融資型クラウドファンディングでは、小額から投資が出来ます。少額・短期でも、実績6.78%の好利回りとなっており、新しい資産運用の機会を提供してます。

クラウドバンクは、短期間で償還される商品が中心ですが、継続的に投資を行うことで複利効果を得ることも可能で、一つのファンドで複数の企業やプロジェクトに貸付を行うのでリスク分散の効果も期待出来るようになってます。既に海外では多くの方が活用し、実積を上げてます。融資型クラウドファンディングという、インターネットを活用した新たな個人資産の活用方法は、既に海外では多くの一般ユーザーに活用されており、確かな実積を上げてます。日本クラウド証券が運営するクラウドバンクは、日本で初めて証券会社が提供するソーシャルレンディング・サービスです。日本初のクラウドファンディングとしてサービスを提供し、金融商取引法によって求められるコンプライアンス体制と自己資本規制比率などの高い財務基準をクリアし、透明性の高い運営を行ってます。

クラウドバンクで資産運用

ソーシャルレンディングのリスクの種類

ソーシャルレンディングという資産運用の投資法が注目されていますが、理由としては高金利の商品として宣伝されているからですが、それはリターンが他の金融商品と比べて高いと注目を集めているからです。
しかし、リスクとリターンはコインの裏表で、高いリターンでローリスクということは、歴史的に見てもあまりありません。株式投資などの投資でもインサイダーなどの情報漏れからなされる投資で利用される程度です。リターンが高いということは当然ながらリスクが高いから成り立ちます。簡単な例ではカードローンなどの金利と利用者の信用で理解できます。簡単に借りられて、審査も楽であれば金利が高くなります。
担保があり信用調査が厳しければ金利が安くなります。投資という意味でのソーシャルレンディングを考える時にも同じように考えるべきです。


ソーシャルレンディングにある貸し倒れリスクとは

ソーシャルレンディングは新しい投資案件であり、株式や不動産投資に比べて小資金で参加できる上、高金利の配当を受けることができる点が評価されています。また、小資金で参加できるために、個人投資家に大変人気があります。
各サービス提供会社は、数年で飛躍的に口座開設数を伸ばし、預かり資金も右肩上がり増やしている会社が複数あります。小口の一般投資家にとって有望な投資案件ですが、元本が保証されないデメリットがあります。融資先が返済不能となり、配当どころか投資資金の回収が困難になるケースがあり得るからです。いわゆる貸し倒れリスクのことです。ソーシャルレンディングのサービス提供会社、貸し倒れリスクに対して、顧客の資金を保全するために個々の投資案件に対して、担保設定を行っている場合があります。
これにより万一の時に、資金回収ができる余地を残しており、安心感を持って投資できるといったメリットがあります。


ソーシャルレンディングの早期償還リスクとは

ソーシャルレンディングは、小口の一般投資家に対して高金利の投資案件を提供し、融資を受けたい新規事業者に対してはタイムリーな資金調達の機会を与えるサービスです。数ヶ月から12年の短期融資が主たる対象となり、その間、高金利の配当を受けることができるメリットがあります。
その一方で、貸し倒れによるリスクがあります。融資先の事業が不調に終わり、返済不能となってしまうと投資資金を回収することが難しくなります。この事態に対処するために、ソーシャルレンディングのサービス提供会社は、個々の投資案件に対して担保を設定するヘッジを付ける場合があります。もう一つは、早期償還リスクがあります。融資を受けている側の事業者が、残債を一括で返済することで借入を解消することです。
これにより早期に出資関係が終了しますので、配当を受け取ることができるはずだった期間が短くなります。このように機会損損失が生じますので予め留意しておく必要があります。

MENU

ページの上部へ戻る