ソーシャルレンディング比較.com

TOP > ソーシャルレンディング情報 > ソーシャルレンディングにはリスクも存在します

ソーシャルレンディングにはリスクも存在します

 お金を借りたい個人や企業が返済時の条件を提示して、その条件に納得した投資家がお金を貸す仕組みがソーシャルレンディングです。投資家にとっては大きなリターンを得られるメリットがありますし、個人や企業は消費者金融や銀行よりも安い金利で借り入れができます。ただ約束が守られずに貸し倒れになってしまうリスクも存在しますので、お金を貸す投資家の方は条件をじっくりと確認した上で慎重に手続きを進めてください。
 まだまだ新しいサービスで普及が進んでいない状況ですが、今後都市部を中心にサービスが広まっていくことは間違いありません。お互いに条件を提示して納得した上でお金の貸し借りが行われますので、約束がしっかり守られればトラブルに発展する可能性も低いです。ただ条件が良すぎるとリスクも高くなりますので、お金を貸す前にしっかり確認することを怠らないでください。


 ソーシャルレンディングのリスクを頭に入れましょう

 利回りが良い投資の一つとしてソーシャルレンディングが注目されていますが、選ぶ相手を間違えると貸し倒れのリスクがあることも忘れてはいけません。お金を借りる側も貸す側にとってメリットの大きい条件を提示してくれますが、条件が良すぎる場合は注意が必要です。特に個人に貸す場合はしっかりとリサーチを行った上で契約を結ぶことを心がけてください。まだまだ新しいサービスなのでサポート体制などもしっかりしていないケースも多く、貸し倒れになってしまった場合に保証してもらえるかどうかわかりません。
 インターネット上にもソーシャルレンディングのメリットはもちろん、リスクに関する情報も豊富に掲載されていますので、暇な時間を見つけて自宅のパソコンで情報をチェックしてください。上手く活用すれば資産を増やすことも十分可能なので、是非良いクライアントを見つけて投資に役立ててください。


 ソーシャルレンディングの貸し倒れリスクとは

 ソーシャルレンディングは、少額で投資に参加できる上、高い利回りによる配当が魅力となっています。ローリスクでありながら、高配当が期待できますので、小口の一般投資家が参加可能しやすい投資商品であると言えます。その一方で、元本保証されないケースがあり、万が一、融資先が返済不能となった場合に投資資金を回収することができなくなる可能性があります。
 そこで、ソーシャルレンディングサービスの提供会社は、上記のようなな事態に備えるために、投資案件に動産もしくは不動産を担保設定することで、投資資金を回収できる余地を残しています。担保設定されている案件を選ぶことで、リスク低減できますので、特に初心者にお勧めです。これにより、貸し倒れリスクを可能な限り低減することにしており、投資家からも評価されるポイントとなっています。

次の記事へ

MENU

ページの上部へ戻る