ソーシャルレンディング比較.com

TOP > ソーシャルレンディング情報 > ソーシャルレンディングのリスク

ソーシャルレンディングのリスク

ソーシャルレンディングを利用する企業は、消費者金融よりも低い金利で借りられる可能性があるというメリットがあります。
お金を借りる側にとっては金利がかかるということがリスクとなるでしょう。
一方、投資家にとっては企業が倒産をした時に貸したお金が戻ってこない可能性があるというリスクがあります。
ソーシャルレンディングの仲介業者はあくまで仲介をしているだけであり、企業が倒産をした時のリスクは投資家が負っています。
しかし、審査などは仲介業者が行い、投資家は具体的にどこの企業へお金を貸しているのかなどは契約段階ではわかりません。
1つの業者に対して投資を行うということは避けて、複数の業者に分散投資を行うと良いでしょう。
また、契約は基本的には途中で解約ができませんので、契約の期間は3ヶ月~1年程度の短期にしておくことがおすすめです。



ソーシャルレンディング活用で投資リスクを分散

バブル景気の崩壊から続いてきている日本経済の低迷してきている状況は、多くの人たちの意識を変化させてきています。
とくに滅私奉公が美徳とされてきた日本人の働き方に対する意識は、大きく変化してきました。
グローバル化が進んできていることもあり、よりドライに企業や仕事に相対するようになってきています。
その流れをうけてとくに若い世代においては、自分の収入を増やすためにサイドビジネスを始める人たちが増えてきています。
サービス残業などをしないようになってきており、その時間をサイドビジネスに費やすことでより収入を上げていくことが出来るからです。
その中でもとくに投資活動が人気を集めています。
ソーシャルレンディングのようにインターネット上で行うことが出来る投資活動なら、時間も手間もあまりかかりませんし、ちょっとした空き時間などでも行うことができます。
また少額投資ができるソーシャルレンディングならリスク回避にもなりますので、熱い視線を集めてきています。



ソーシャルレンディングもリスクの選択ができます

ここ数年においてはサイドビジネスが注目されてきています。
マネー雑誌や経済雑誌などでも定期的に取り上げられていますし、主婦向けの雑誌でもその機会は増えてきています。
またサイドビジネスを始める人たちも広がりを見せてきており、若いサラリーマンから主婦そして学生にまで広がってきています。
ここまで広がりを見せている背景にあるのは、不景気で経済が低迷していることもありますがそれと同じぐらいにウエイトを占めているのが、インターネットサービスの充実があります。
サイドビジネスでは投資活動が人気を集めていますが、かつては手続きなどが煩雑であり手軽に行うことはできませんでした。
それが現在ではインターネットサービスを活用することで、自宅に居ながらにして簡単に行うことができます。
海外市場を活用すれば24時間365日投資活動することができますし、ソーシャルレンディングサービスならより少額でも投資を行うことができます。
もちろんソーシャルレンディングサービスでもハイリスクハイリターンの案件もありますので、自身のスタイルに合わせた投資活動を行うことが可能です。

次の記事へ

MENU

ページの上部へ戻る