ソーシャルレンディング比較.com

TOP > ソーシャルレンディング情報 > ソーシャルレンディングのリターンとリスク

ソーシャルレンディングのリターンとリスク

ソーシャルレンディングは株式投資や不動産と吸いに比較して高配当、リターンが多いことで知られています。
若い方からお年寄りまで男女問わず興味を持ち始める方が増えている理由は、ひとえにそのハイリターンでしょう。
企業単位ではなく、商品やプロジェクト単位でお金を投じることができるので、自分のお金がいかに利用されたかを実感しやすいというのも人気の秘訣かもしれません。
しかし、リターンが大きいということは一方でリスクも大きいということです。
元本割れをする商品もあり、逆に損失を被ることもあります。
投資というものの本来の姿を現した金融商品ということです。
欧米諸国は投資の力を利用して経済発展をしてきた国ですが、日本も今後その傾向になっていく可能性があります。
個人ひとりひとりが自分の持つお金を有効活用することを覚えることで、経済が潤うということです。



リスクを理解してソーシャルレンディングを開始

ソーシャルレンディングはハイリターンハイリスクの金融商品です。
株や不動産投資に比較して難易度が高いというイメージがありますが、リスクを理解して行えば有用性の高い金融商品であることは間違いありません。
投資対象も企業単位ではなく、企画そのものにお金を出すことが出きたり、昨今注目度が高い最新技術や最新サービスにお金を投じることができるので、ユーザーの方は投資対象を選びやすいというメリットもあります。
お金を投じた後にそのサービスがいかに成長していくかを見届けることもできますので、投資自体の楽しみも大きいということです。
インターネット上にはソーシャルレンディングを提供している企業のホームページがたくさんあります。
ブローカー企業ごとに個性がありますので、複数のところを比較検討して決められるとよいでしょう。



ソーシャルレンディングはリスクがあります

どんな投資であろうとリスクはあります。
それはソーシャルレンディングであろうと同じになります。
これはネットを介する融資なのですが、昨今、その市場規模を急激に拡大させています。
ですから、多くの人が参加しようとしています。
1万円単位からでも投資ができることもありますし、億円単位ということもあります。
幅広い選択肢があることも一つのメリットであるといえるでしょう。
そして何より金利が高いです。
最低でも5%くらいはないと話になりませんし、場合によっては10%を超えることもよくあります。
これほどに高金利というのは銀行ではもちろん、株式投資でもなかなか難しいことになるでしょう。
しかし、だからこそリスキーとなる部分もあります。
貸し倒れる可能性は投資である以上、少なからずあります。
また、仲介業者が倒産、となることもあります。

次の記事へ

MENU

ページの上部へ戻る