ソーシャルレンディング比較.com

TOP > ソーシャルレンディング情報 > ソーシャルレンディングの参加者のリスク

ソーシャルレンディングの参加者のリスク

ソーシャルレンディングという投資形態では、投資家と資金を借りたい企業とその間を取り持つ業者とで取引が成り立ち、その中で利益を得るという仕組みになっています。
ソーシャルレンディングのリスクということでは、これら三社にそれぞれリスクがあり。
それを理解することで投資をしていくということになります。
そのため、それぞれの特徴を理解して、損得などを考えて投資をする必要があります。
いちばん重要なのが、投資した資金を収益も含めて回収できることで、それができれば、それぞれで利益を得られ、スムーズに取引が進みますし、何度でも資金を借りられる循環ができます。
そこに信用が生まれて、また多くの人たちが参加するということになります。
それができるかどうか、その正しい循環に参加できるかどうかということがリスク管理のポイントになります。



ソーシャルレンディングと投資とリスク

もともと投資にはリスクがつきもので、それに見合ったリターンになります。
それでリスク管理が重要になりますが、ソーシャルレンディングでも同じです。
リスク管理の内容としては、投資先の案件をよく理解するということが必要です。
メリットやデメリットは何処にあるのか、何故それだけのリターンが提示できるのか、すべての資金を失う可能性はどのくらいあるのかなどです。
そのほか仲介をする業者の信用や今までの実績も問題になります。
信用が不十分であれば、本来のソーシャルレンディングにプラスされる危険性も生まれてしまいます。
そうなるとリターンがいくら高くても、なかなか投資をする勇気が出てきません。
客観的に、合理的に考えても難しくなります。
一般的な投資の原則も含めて、投資先の案件や仲介の業者を、よく調べて投資をする必要があります。
また、投資のタイプもいくつかあるので調べておきます。



ソーシャルレンディングのタイプとリスク

ソーシャルレンディングでは、いくつかの投資のタイプがあります。
たとえば仲介業者が融資を受けたい企業と投資をしたい企業をマッチングさせるタイプでは、仲介業者が重要な役割をします。
中心になって信用を調べたりランク付けをしたりします。
その場合のリスクは仲介業者の調査能力や判断力、ランク付けなどが適性かどうかなどが重要になります。
それが正しければそのまま、その内容を信じてリスク管理ができて簡単ですが、そうでない場合には、調査をした仲介業者自体が大きなリスクになります。
その他オークションのようなタイプもあります。
仲介業者は条件を提示し、結び付ける役割で投資を促します。
有利を受けたい企業と投資家を、結び付ける役割を中心としています。
貸し手の投資家の人気で金利などが決まる仕組みです。
人気があれば金利が上がり、無ければ下がるという状態になります。
投資のオークションのような形態です。

次の記事へ

MENU

ページの上部へ戻る