ソーシャルレンディング比較.com

TOP > ソーシャルレンディング情報 > ソーシャルレンディングの貸し倒れリスクとは

ソーシャルレンディングの貸し倒れリスクとは

新しい投資手法として、注目されているソーシャルレンディングは、高利回りとの投資案件であり、少額参加できるメリットと相まって、個人投資家の参入が増えてきています。
幾つかの管理会社が優良な投資案件を提示してきており、魅力的な投資対象として評価されています。
しかし、リスクが全くないというわけではなく、元本が保証されていないという点に留意しておく必要があります。
募集された案件が予定額に到達すると、融資が実行されますが、融資先の事業が不調で満期になっても返済されない場合があり得ます。
いわゆる貸し倒れという状態です。
当初予定されていた配当がもらえなくなるだけでなく、投資資金の回収さえも困難になってしまうリスクです。
一般的には、ソーシャルレンディングのサービス提供会社が、投資案件について担保を付けますので、貸し倒れリスクへの対策が取られています。



ソーシャルレンディングのリスク回避の考え方

ソーシャルレンディングは、少額参加できるローリスク、及び高利率でミドルリターンが期待できる投資として、小口の個人投資家に注目されています。
高い利率は大変魅力的ですが、元本が保証されていない投資ですので、リスク管理が必要不可欠となります。
貸し倒れリスクは融資先が倒産もしくは返済不能の状態となって、投資資金を回収できなくなる状態です。
担保設定されている案件を選択することで、ある程度の対策とすることが可能となっています。
少額参加できるため、複数の投資先に分散投資することができるのがメリットの一つですが、その際は、投資先が特定の業種に偏らないように注意する必要があります。
匿名契約が基本ですので、融資先の具体的な事業内容を知ることはできませんが、大体の業種を知ることは可能です。
また、海外物件に特化している案件もありますので、これを分散投資の対象としても良いでしょう。



ソーシャルレンディングで為替がリスクとなるケース

個人投資家が利用しやすい投資対象として、ソーシャルレンディングに注目て集まっています。
その理由は小口で参加しやすいことに加えて、高利率の配当が期待できるからです。
ローリスクでありながら、高配当が期待出来るのが魅力の一つです。
しかし、投資対象の案件によっては、様々な要因が関係してきますので、考慮しておく必要があります。
特に注意したいのは、海外案件を投資対象としているファンドを利用する場合です。
日々の為替変動の影響を受けますので、満期日の為替の値段によって、収益が左右されるといった問題があります。
為替変動のリスクに対処するために、サービス提供会社は為替ヘッジを付けて募集する場合が多く、初心者はこれを選択するようにすることを推奨します。
為替ヘッジを付けることで、為替変動リスクを抑えることができます。
ヘッジを効かせることで、大きく儲けるチャンスを逃す可能性がある、もしくはコストがかかるなどのデメリットもあります。

次の記事へ

MENU

ページの上部へ戻る